01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

Via My Eyes

日々思うこと感じることやEnglish 英語ブログ、音楽、海外日記 だったりする時もある。 僕はフィルター 何でも通すフィルター。誰でも通ってくださいね。どうぞ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

(続) hank jones  


金曜日の夜、表参道駅を降り 初めてのBlueNoteTokyoへ向かう。
この辺はよっぽどの事がない限り、こないので 雰囲気を味わう。
すごいたくさんブランドものの店があるんだなー
歩いて7,8分くらいかな?

blue note

Great Jazz Trio
Hank Jones(p)
David Wong(b)
Billy Kilson(dr)

想像はしていたけど、やはりゴージャスな雰囲気がいいです。
大人な感じ。

実は今日なぜ初めてのBlueNoteに足を運んだかというと
父親の誕生日と還暦祝い+1年として僕が招待したのである
その辺のライブハウスに行くのとは訳が違うね。  値段も違う。

ハイネケンを呑みながら開演を待つ

 登場っ     おおーーー    お

おじいちゃん。    さすがに90歳ともなると、ゆっくり歩きます。

実はこの人1918年生まれ 伝説的なピアニストなのです
今日こうしてライブを見に来たのは実は61歳の父親に
 "この人を見てよ。父ちゃんもあと30年はいけるじゃないっ" って
伝えたかったからなのです。
30年ってすごいですよ。   僕がもう一回育つ。
今からピアノを始めても 30年練習できる。
このメッセージは伝わっただろうか?

ライブの内容は  、、、書ききれません。
album Blue Minor に入っている曲から 数曲やっていたと思います。
Nica's Dream
Lonely Moments

Oleo っていうのもやっていたと思います。

実は僕、彼のことを知ったのは今年の正月くらいだったんですよ
珍しく父親とCD屋さんにいってジャケ買いしたのがきっかけ。

   出会ってよかった~~

今回のドラムの人はビリーっていう黒人のあんちゃんで、
年齢差はなんと、、  知らん。    でもあんなに若いにぃちゃんと
90歳のおじいちゃんが同じバンドを組んでいるって言うこと自体が素晴らしい。

ビリーのドラミングはというと、 Jonesさんを 引き立たせるため控えめな、、
なんて事はお構いなし。  がんがんぶっ飛ばしてました
ドラムそろ は 激しいの何のって。。

印象的でした。

初めてこんなにしっかりとした有名なアーティストのjazzのライブに
いったけど、  

   "いいものは良いっ!!!"

それが率直な僕の感想。HankJonesさんの事、TheGreatJazzTrioの事を調べたらきりがない
くらい色々な情報が出てくると思うけど、僕たちは目の前にある"ただ素晴らしいもの"に心を揺さぶられた
それが事実。    父親はクラシック一筋 だけれども、
こんなに楽しいライブなら ぜひまた行きたいって 言ってくれた。

  うれしい      やはり、誰かに何かをして喜んでもらう事はとてもいい。

何度もアンコールに応えてくれたHankJones さんに感謝。   音楽って、いいね。
寒いし遠い日本まできてくれてありがとう。  大感謝。




その後、食事の時間。

東京駅周辺でカレーを食った。なぜカレーになったのかはわからないけど、
ただ目についた。 ニュージーランド産のワインをオーダー。
ここでも思ったことがある。
よいもの、上質なもの、素晴らしいものの重要さだ
今日は良いものの重要さに気づいた。

   "旨いものは旨いっ! 素晴らしいっ!"

母親の料理をおいしいと思っていたけど、
ただ単に旨い、栄養がある、それだけではなくて
一緒にその時間を共有する人との会話につながるという事。
おいしいものを食べることによって ただ一言 "おいしいね"
二言、 "こんなの食べたことないよ"  三言、"これ、何が入ってるの?"
いろいろだ。  何でもいいと思う。  会話が弾む。



いやーー   感動しちゃったよ。
人生楽しまなくっちゃ な
スポンサーサイト
音楽  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。